var taget_obj = "" function Digg(divId,aid){ taget_obj = document.getElementById(divId+''+aid); makeRequest('/plus/digg/digg.asp?id=' + aid + '&rand=' + Math.random(),"Diggreturn","get",""); } function Diggreturn(){ if (http_request.readyState == 4) { if (http_request.status == 200) { taget_obj.innerHTML = http_request.responseText; } } }

吭紛梧簡

壓澤下梧簡 栖坿犀幹鍬咎  侭奉廨辞 :

彳凛議歪槌梧簡

哂猟兆各sense

嶄猟井

涙隈倡冱議確腎 捷辛泌緩胆洗 
払蕗夸佃看凪礁 壼厮節邦諾哢 
蛍昼寂 
心邑匯俳岻朔 寔糞愁嶂枅 
旺涙音蚶じ 
咀葎嗤苧爺議吉棋 厘辛參鰈鯡贏御艶 
壓幟愁割糞議湖状嶄 壅哭賠蛙 

帶嚏繍椎姐壜議劔徨街久牢撰準昌 
旺拝匆繍椎割鰍彭子馨議爺腎嶄検峙直伉高但公牢昌 
短嗤狛肇才朔孜 
丑彬盾慧竃嶬變汗看綾議伉秤議湖状 
基宛祥壓伉嶄 
啾吏鯒圧鎚浦 祥頁媾覆徭失議扮昨 
匯泣泣俊除彭 厮将蝕兵湖状欺阻 

蛍昼寂 
心邑匯俳岻朔 寔糞愁嶂枅 
音訝羔堋燃粒叉塚迅 
椎隅啌竃阻隆栖補阻議徭失 
嶬攣皇榧撒禝秉喀湖欺 
匯俳蝕兵議湖状 

晩囂井

倩なんて謹蛍つけそうにない腎 胆しくて
蕗を竃す並も恟になりそうで耙腓豎してく
扮と扮の倭寂で
畠てを需邑かされて鳩かに需えてくるものがある
い嚠湖はしない
きっと隆栖が突を棋ってるから、恍晩までにさよならを
富しずつ困舛討る湖に朕めてく

Aれた歸笋鯱α△力汗馭紊瓩討い
そして牢われた馨なき腎には検かぶ畳吭のヒカリ

狛肇に朔孜はない
丑しみは盾き慧ち書隆栖へと序む櫃する
基えは俟の嶄に
念を鬚いiきだすその扮は、徭蛍だけの覆旋へと
富しずつ除づいて 兵まりを湖じてる

扮と扮の倭寂で
畠てを需邑かされて鳩かに需えてくるものがある
冩ぎ確まされた憂
そこに啌された隆栖の徭蛍に減けたくない
書はまだ富しずつ除づいて
兵まりを湖じている