GALLA峪勣嗤低梧簡

壓澤下梧簡 栖坿才大屁尖  侭奉廨辞 :

遊猟忖D梧簡

嶄猟井

耽輝厘沂隼指遍
悳頁低音延議丶否
壓椎乂藤厩議槙埖戦
壓椎乂浪埣議晩徨嶄

低脅氏公厘涙勝議握

亜 垓圭嗽患栖劣晩椎梁哲煤悲議欠

厘鏡徭蹄李爺腎
欠鰈杜厠∃
卆隼泌輝晩單囘仇鯲匯喨
椎頁厘喟垓議芝吮

晩囂井

尅り卦ればいつだって
かわらぬキミの丶冲が?った
iき藤れ羨ち峭まる晩も
弌さな浪びの晩も

このI返に宇えきれない
握を縮えてくれた キミがいる


Ah 哲かく そっと單しく
よみがえる欠は
まだ?の晩のままのまぶしさで
患きiけてゆくよ

Y俳ることの恟侮さを
佚じ?えることの膿さを
方え俳れぬ帛と匚を
俟にしまって佩こう。。。

艶れと竃氏いの祇を
キズつきながらボクらはiいて佩くんだね

Ah 哲かく そっと單しく
よみがえる欠は
いまひとり腎を需つめてる
ボクに]えんでいる
まだ?の晩のままのまぶしさで
返を尅っている
キミはeverlasting memory

朴沫遊猟忖D厚謹ゞGALLA峪勣嗤低〃梧簡佚連