輝念了崔 : 耽晩強只梧簡 > T > 宥痩藍 > 屎猟-Silent Weapon梧簡

Silent Weapon梧簡

壓澤下梧簡 栖坿犀幹鍬咎  侭奉廨辞 :

宥痩藍梧簡

晩囂井

絶え酢れた桧町のすみに
櫓頂れが独って栖れば
鏡り貧げる腎互くなっていく
襪こせない^肇からの
方えきれない荀からの
Eeの税がたちのぼる

jみつくLの絶たさが
匚其をYぶセイジの~が
唾kつ震を幣又してゆらめく
さあ竃譴韻茲Δ

仔畑の忽にむかうのは すべてなしとげて
それまで 伉して伏きよう

いつかの埖袗の劾 怕幻が曚い
〆書晩は棒ぬにはいい晩だ〇と
そう _かに

岌幃の蕕膿pい栽わせた
を主に羨ち貧がる
腎にあふれそうな佛がつきまとう
苓りがたい隆栖からの
梨れられない恟からの
Eeの孥しが慧たれる

住餓した文を佚じAけ
住餓した文に鬉┐襪燭
尅り鬚ことは2業とはないだろう
さあ竃譴韻茲Δ

仔畑の忽にむかうのは すべてなしとげて
それまで 伉して伏きよう

いつかの埖袗の劾 怕幻が曚い
〆書晩は棒ぬにはいい晩だ〇と
そう

仔畑の忽にむかうのは すべてなしとげて
それまで 伉して伏きよう

いつかの埖袗の劾 怕幻が曚い
〆書晩は棒ぬにはいい晩だ〇と
そう _かに

袋瀧井

hie kareta sabaku no sumi ni
yuugure ga sematte kureba
hitori miageru sora takakunatte iku
omoi dasenai kako kara no
kazoekirenai kizu kara no
ketsubetsu no noroshi ga tachi no boru

karamitsuku kaze no tsumeta sa ga
yotsuyu o musubu SEIJI no ha ga
tabidatsu toki o shisa shite yurameku
saa dekake you ka

yomi no kuni ni mukau no wa   subete na shitogete
sore made   kokoro shite iki you

itsuka no getsuyou no asa   sofu ga tsubuyaita
"kyou wa shinu ni wa ii hi da" to
sou   tashikani

kumo no ito de nuiawaseta
ebira o kata ni tachiaga

朴沫宥痩藍厚謹ゞSilent Weapon〃梧簡佚連