椎祥頁握杏梧簡

壓澤下梧簡 栖坿犀幹鍬咎  侭奉廨辞 :

畠署奉髄咳梧簡

晩囂兆各困修譴、握でしょう

嶄猟井

曳泌傍 壓誨図日議扮昨 
椎嘘唹 峪誨燦繁肇媼嗤 

咀葎梁悲悳頁椎担火吹 
適薦儖箔 抜珊頁孀音欺基宛 

飛頁壓嚏朔議瞬祇心需科榊 
嶬攵要澎 蝕兵恂乂焚担 

☆咀葎嗤低壓 咀葎嗤苧爺 
咀葎音壅頁鏡徭匯繁 
泌緩牌畜議湖状 椎祥頁握杏 
咀葎低岑祇 椎乂節邦嶄議祐逗 
邑狛椎凛商 儖孀寔屎議根吶 
誨儖孀欺低議丶否☆ 

宸嶽伉秤焚担脅音詼 
泌惚嬬勧器公低祥挫阻 

瞬祇議冲弼愁愁個延 
厘断議指吮音僅奐紗 

低議匯冱匯佩 
緩震匯協瓜諸諸宇壓伉嶄 
曾倖繁愁愁真除 椎祥頁握杏 
豊匆音岑祇 吉棋議苧爺氏泌採 
短購狼 厮将音氏壅図日 
才低性彭返 
匯岷恠和肇 

椎伉秤音頁吭覯撒週津屡 
遇頁泣泣砧砧 墅圄撹海 
宸祥頁握議湖状

晩囂井

箭えばね 罎こぼれる晩には 
その嘘嶄を ひとりじめしたいけど 

單しさは扮? 火吹だから 
箔める殻 こたえを需払う 

嚏貧がりの瞬 榊が需えるなら 
書 iきだそう 採かが兵まる 

埴がいるから 苧晩があるから 
匯繁きりじゃ伏きてゆけないから 
こんなに除くに湖じる それが握でしょう 
罎諒の祐みを 埴は岑ってるから 
邑き宥るその朕の嶄に 鳩かな吭龍を冥して 
丶冲需つけたい 

採も冱わないでも こんな欒屬舛 
埴の俟に擦錣譴个いい里 

富しずつ瞬は弼を笋┐襪韻 
ほら、房い竃がまたひとつえた 

埴の冱匐のひとつひとつを 
書は宇きしめられるから きっと 
屈繁で嶷ね栽っていく それが握でしょう 
豊も岑らない 苧晩が棋っているとしても 
寄嬋健 もう日かないで 
埴と返をつないで 
iいてくずっと 

ふとした鵬寂 つのる欒屬舛犬磴覆 
富しずつ 圄てていくものだね 
握する欒屬舛 

埴がいるから 苧晩があるから 
匯繁きりじゃ伏きてゆけないから 
こんなに除くに湖じる それが握でしょう 
罎諒の祐みを 埴は岑ってるから 
邑き宥るその朕の嶄に 鳩かな吭龍を冥して 
丶冲需つけたい 

袋瀧井 

朴沫畠署奉髄咳厚謹ゞ椎祥頁握杏〃梧簡佚連