var taget_obj = "" function Digg(divId,aid){ taget_obj = document.getElementById(divId+''+aid); makeRequest('/plus/digg/digg.asp?id=' + aid + '&rand=' + Math.random(),"Diggreturn","get",""); } function Diggreturn(){ if (http_request.readyState == 4) { if (http_request.status == 200) { taget_obj.innerHTML = http_request.responseText; } } }

磯蛍梧簡

壓澤下梧簡 栖坿犀幹鍬咎  侭奉廨辞 :

溺伏握溺伏梧簡

嶄猟井

徽垳低音勣瓜艶繁議傍三侭嗾雌
駅倬便擦議叫廉壙扮峪茄噐伉嶄祥挫阻

峪勣俊鞭椎薪曳豊匆腎邑議横詮岻伉
駛峠図日議丶否音消朔匆嬬誼參個延

埋隼訥酊議湖秤
祥銭磯泣匆
勧器音阻旺音怎參聞低苧易 徽頁 厘呀氏塔壓低附円
崛富壓書爺潤崩岻念
厘氏揮艇欺椎円議爺腎填

音岑低頁倦珊芝誼
弌扮昨議弌埃協椿
椎乂銭仝指吮々匆各音貧 厘議販來傍三

厘祥才椎扮昨匯劔
耽輝心彭低脅状誼載互佶
飛祥宸劔念佩議三 音胎勣恠欺椎戦匆佩 匯岷喟垓仇

昧彭扮寂送陛 音岑音状
厮幟愁撹葎寄繁
埋隼悳誚邸糊延誼釈膿々宸嶽並
徽崛富書爺勣嚥峪奉噐厘議低
壅業恬倖指吮...

晩囂井

だれかのコトバに
どうか雌わされないで
便るべきものは 俟の嶄にだけ

ほかのひとよりピュアな
徨の伉に乾れた
日き竃しそうな丶はやがて笋錣

きみのことを房う欒屬
その磯蛍さえ
擦┐れない怎りないけれど そばにいるから
せめて 書晩が Kわるまでは
あの腎へ きみをつれてゆくよ

えているかな
徨工じみたs崩
房い竃と柵べない 暴のわがまま

あのとおなじきみ
つけるたび耙しくて
このまま佩けるとこまで佩こう ずっと

rは送れいつのまにか
寄繁になってく
くなりたい そんなことを房いAけながら
せめて 書晩は 暴だけの
きみでいて 房い竃をもう匯業