輝念了崔 : 耽晩強只梧簡 > L > 霜竪 > 屎猟-第第梧簡

第第梧簡

壓澤下梧簡 栖坿犀幹鍬咎  侭奉廨辞 :

霜竪梧簡

晩囂兆各困かあさん

嶄猟井

第第
咀葎第第屎壓吉彭
挫覬箜賓〕致
営営柳柳彭怒狛肇
勣頁嬬延撹弌抵  壓清爺戦
敬荼旦犧丹
觴欺第第  酔酔仇
觀謬渋菎萃農錙
才第第祖爺  御盆慢椎周並
錬李峪嗤曾繁壓匯軟 
繍厘議垳李御盆慢
斤豊匆 音嬬傍議 蜘畜
第第屎壓柵蚕彭椿
泌惚迦串買油
祥油誼需  椎梁悲議蕗咄
厘匆柵蚕彭   第第
勣尅恬娼舞亜
把把仇爻爻遇囂
徴宝匯劔議返峺  公厘園岶議
厘議海沿徨  働働疏疏
壓承徨念捕弃頼穎議屈繁
頁倦海誼顳
侑牽議亙雑 匆壓辧強
第第  軸聞頁丑彬議扮昨
匆音氏斑繁心需図日議然
悳頁  胆洗仇裏丶
厘匆丶
恷浪散議  恷挫議  第第

晩囂井

おかあさん

おかあさんがまっているから
うさぎになって
とびはねていきたいな
ことりになって あおいそら
とんで いけたらな
はやく あいたい
おかあさんに とびついて
おはなし したいの あのこと
ふたりきりで きいてほしいの
わたしのねがい
だれにも いえない ひみつ
おかあさんが よんでいるの
みみを すませば
きこえる やさしいこえ
わたしもよぶの おかあさん
げんきになってねと
そっとつぶやく
まほうのゆびで あんでくれる
わたしのおさげを かたちよく
かがみのまえの すました ふたり
にているかしら
しあわせ おはなも ゆれる
おかさんは かなしくても
なきがおなんか みせないわ
いつも きれい ほほえんでいる
わたしもわらう
だいすき すてきな おかあさん

朴沫霜竪厚謹ゞ第第〃梧簡佚連