繩鍋まゆみさん distance梧簡

壓澤下梧簡 栖坿才大屁尖  侭奉廨辞 :

課櫪100%梧簡

嶄猟井

低融隼傍 厮将延誼瀧貧音嬬囑需低
頼畠音嬬深打 峪嗤詰和遊阻
匚絡匆音嬬秘鋒 峪嬬般广節邦 匯岷壓儖孀基宛
咀葎寔議挫浪散低 侭參覲嶄猥砥
厮将欺阻音嬬指遊恠肇音岑音状傍壅需議椎爺
馗禝鎮厘姿仇 匯協嬬校糞 斤椎倖佛佛萩箔广(俯垳广)
涙胎屈繁蛍宣壅奕担垓 厘匆匯岷壓誦低
局狛阻焚担匆短嗤議耽匯爺 峪嗤峠床議狛阻耽匯爺.
軸聞欺阻垓圭 屈繁議狷悳頁丶否諾中議
咀葎壓隆岑議仇圭低屎描勦广 心音欺低罷樋議匯中
葎阻隆栖議侑牽 猥纏畉楴畴慎愡醢柁
匯協氏嗤吭吶 侭參音砿頁謹垓 匆誼廛廖議知
泌惚嬬馗餠断匯劔仇局今肇需低
駲塲威姿適薦議三 祥峪覺器匯鞘三公低
壓仭逗議扮昨詁雉陳琶弩 低議蕗咄壓厘伉戦貽
厮将欺阻音嬬指遊恠肇音岑音状傍壅需議椎爺
馗禝鎮厘姿仇 匯協嬬校糞 斤椎倖佛佛萩箔广(俯垳广)
涙胎屈繁蛍宣壅奕担垓 厘匆匯岷壓誦低
泌惚睡狛阻宸倖偲眺 匯協嬬喘丶否壅肝獏

晩囂井

もうすぐ穴えなくなる 埴の融隼の冱匐
採も深えられず ただうつむいた
匚も蓄れずに罎鬚海蕕┐ ずっと基えを冥してた
だけど云輝に埴が挫きだから 佚じAけたい
もう尅り鬚ずiいて佩けるさ いつかまた穴うその晩まで
埴の知がきっと匐うように あの佛に垳っているよ
どんなに垓く屈繁宣れても ずっと埴を襪辰討い
やがて扮は送れて採ごともない鞍 ただgやかな晩?が送れていった
垓く宣れても屈繁の亟寔が いつも丶冲でいてくれる
需岑らぬ魁侭で埴が市くから 樋さは需せない
丑しさよりも隆栖の侑せ 佚じて膿く伏きてたい
垓指りしてでも游む知に きっと吭龍があるのだから
今を局り佩く抵たちのように 埴に氏いに佩けるのなら
ただ書まで宥りがんばってと たった匯冱擦┐燭
仭い扮にはあの梧を房い竃す 埴の蕗が俟の安で譴局る
もう尅り鬚ずiいて佩けるさ いつかまた穴うその晩まで
埴の知がきっと匐うように あの佛に垳っているよ
どんなに垓く屈繁宣れても ずっと埴を襪辰討い
この偲しさを\り埆えられたら きっと丶冲でまた穴える

朴沫課櫪100%厚謹ゞ繩鍋まゆみさん distance〃梧簡佚連