わいわい佩序爆梧簡

壓澤下梧簡 栖坿才大屁尖  侭奉廨辞 :

唖性碩梧簡

恬簡査唹桧
恬爆詐娚愎仝
園爆困燭しまあきひこ
處蟹歳”旬埣澄▲灰蹈爛咼△罎蠅ご氏
セリフ坤▲薀譯弌表榑胆、センベエ坪今詫屈

ゆくゆけゆこう
みんなでゆこう
榊の泳圭にあるという
ドキドキわくわく音房咏な忽へ
返に返をとって
どんどこどこどこ どこまでも
楳い腎ゆく 堝の巻
欠よふけふけ 繰を貧げて
みんなをのせて 知いっぱい
ゆく忽どんな忽 こんな忽あんな忽
榊の忽

ゆくゆけゆこう
みんなでゆこう
嚴帑の泳圭にあるという
ひかりかがやく 需岑らぬ佛ヘ
薦をあわせて
どんどこどこどこ どこまでも
佛の今ゆく 嚴帑巻
エンジンふかして 畠蝕だ
みんなでうたおう 蕗いっぱい
ゆく佛どんな佛 こんな佛あんな佛
知の佛

ゆくゆけゆこう
みんなでゆこう
しあわせさんが 廖むという
ゆかいなゆかいな しあわせの忽
ほほえみかわして
どんどこどこどこ どこまでも
あの表こえて 紅わたり
啾櫃魍して 念序だ
みんなでゆこう ほがらかに
しあわせどんなこと こんなことあんなこと
おたのしみ

朴沫唖性碩厚謹ゞわいわい佩序爆〃梧簡佚連